テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > グリーフ&ビリーブメント研究会 > カンファレンスの情報

第9回 グリーフ&ビリーブメント カンファレンス

「案内ちらしはこちら」

日時
2018年1月28日(日)10:30~16:30(受付10:00~)
場所
龍谷大学アバンティ響都ホール

(京都市南区東九条西山王町31 アバンティ9階)

アクセスはこちら  →https://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/

*前回と会場が異なりますので、ご注意下さい。

対象
遺族支援に携わる専門職や医療関係者、関心のある学生
参加費
2000円(ホスピス財団の会員は1000円)
申し込み
不要
主催
日本ホスピス緩和ケア研究振興財団、グリーフ&ビリーブメント研究会
問い合わせ
グリーフ&ビリーブメント研究会事務局

griefandbereavementconf@gmail.com


当日のプログラム

10時~
受付開始
10時30分~10時35分
開始 挨拶
10時35分~11時50分
基調講演1「クラスメイトの死を経験した子どもをどう支えるか」演者:岩切昌宏(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター 准教授)座長:米虫圭子(京都産業大学学生相談室 主任カウンセラー)
11時50分~12時5分
報告「学会設立に向けて」演者:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 教授)
13時05分~14時30分
基調講演2「悲しみをいだいたまま生きる」演者:垣添忠生(国立がんセンター 名誉総長)座長:黒川雅代子(龍谷大学短期大学部 教授)
14時45分~16時15分
シンポジウム「日本のグリーフケアにおける現状と課題」演者:村上典子(神戸赤十字病院 心療内科部長)多田羅竜平(大阪市立総合医療センター緩和医療科 部長)石田真弓(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 講師)坂口幸弘(関西学院大学人間福祉学部 教授)座長:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 教授)瀬藤乃理子(甲南女子大学看護リハビリテーション学部 准教授)
16時30分
終了