テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > グリーフ&ビリーブメント研究会 > 第9回複雑性悲嘆研修会

 「第9回複雑性悲嘆(CG)研修会」のご案内


 第9回複雑性悲嘆研修会は、第1部は助産師で日本で初めて遺伝カウンセラーの資格をとられた佐々木規子先生に、周産期のいのちの問題に関わるグリーフについて、第2部は家族療法家として臨床・研究に活躍されている石井千賀子先生に、支援者自身の問題を扱う「原家族のワーク」を演習をまじえてご講演頂きます。どうぞ奮ってご参加下さい。医療や心理のみならず、関連領域の専門職の皆様にもご参加頂けます。

第9回複雑性悲嘆研修会の案内ちらしは「こちら」

日時
平成30年3月4日(日)  11:00~17:00(受付は10:40~)
場所
関西学院大学梅田キャンパス1405教室

http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html

(14階が会場ですので、直接お越し下さい。)

大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー14階

阪急梅田茶屋町出口より北へ徒歩6~7分 JR大阪駅より徒歩10分

対象
○悲嘆のケアに関わる専門職(看護師、助産師、医師、心理職、ソーシャルワーカー、教師、宗教職など)
○複雑性悲嘆の治療に関わる専門家や研究者
○関連領域の大学院生等
研修費
5000円(当日、受付でお支払い下さい)
内容
第1部 11:00~12:30

『出生をめぐるグリーフ ~周産期の現場から~ 』

・・・長崎大学生命医科学域看護学系 リプロダクティブヘルス分野 佐々木規子先生

第2部 13:30~16:30

『臨床におけるテーマを支援者の原家族体験から振りかえる~支援者自身のジェノグラムを用いたワーク~』

・・・TELLカウンセリング 家族療法家  石井千賀子先生

第3部 16:30~17:00

質疑応答

お申込み
当日、配布資料を用意したいと考えておりますので、人数把握のため、下記のいずれかの方法で、事前にお申込み下さい。

FAXでのお申込み

「案内チラシ」の2枚目をご記入の上、 瀬藤研究室直通FAX (078)413-3629 に送信してください。

メールでのお申込み

氏名、ご所属、ご職業、連絡先Eメールアドレス、懇親会参加の有無を明記の上、瀬藤研究室  noriko@konan-wu.ac.jp にお申込み下さい

申し込みフォームからのお申込み

下記申し込み用URLにアクセスし、下記の申し込みフォームにご記入の上、送信して下さい。PCからのみ、お申込みが可能です。

https://www.secure-cloud.jp/sf/1512979156bLmmWsxj

その他
・定員(50名)になり次第、受付終了となりますので、お早目にお申込み下さい。
・昼食をとれる場所は、梅田近辺に多数ございます。
・研修終了後、懇親会を予定しております。どうぞご参加下さい(17:30~19:00)
主催および問い合わせ先
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 瀬藤乃理子

Eメール noriko@konan-wu.ac.jp

協力
グリーフ&ビリーブメント研究会

*これまでの複雑性悲嘆研修会については、「こちら」をご覧下さい。